月曜日は14場合半から19場合まで開館。

「ガッレリア・デイタリア美術館」にて少し前にミラノにできた美術館が「ミラノ20世紀美術館」です。
ミラノの大聖堂ホールにできた近代美術館です。
1900ご時世の品物を主に展示していて、ガッレリア・デイタリア美術館から少し後世の品物が主となってある。
20世紀のイタリアアート品物が400店舗クラス収蔵されています。
美術館の家も見事で、斬新だ。
家際は斬新な作戦になっていて、廊下もあります。
立地がどうしてもいいので、美術館の窓から見分ける外の境遇もすばらしいです。
窓からはドゥオモが一望できます。
美術館内に居残るカフェからの光景も望ましく、トロトロミラノの様子に浸りながら中を過ごすことができます。
ミラノの高名名勝のすぐ近くにいらっしゃる美術館、静寂で見晴らしもたびたび気持ちのよい美術館です。

<開館マガジン>
・月曜日は14立場なかばから19立場まで開館。
火曜日って水曜日って金曜日って土日は9立場なかばから19立場なかばまで。
木曜日という土曜日は9立場なかばから22立場なかばまで。
曜日にて開館中が異なるので注意してください。
・入館料は5ユーロ。
・美術館際のレストランは、正午から14立場までオープンしてある。

<展示されている主な品物>
・ピカソ、カンディンスキー、モディリアーニの品物。
・キリコ、ボッチョーニなどイタリア派の品物。
・ジョルジオモランディ
モダンポップアート、将来派の品物が中心です。
・彫刻、ポップアートの開示もあります。

フィレンツェにおける美術館「サンマルコ美術館」です。
イタリアのポピュラー名勝、ドゥオモを起点とした街コピーのフィレンツェ。
ドゥオモから駆け回り15成功ほどのところにサンマルコ美術館があります。
サンマルコホールに、サンマルコ教会といった美術館が隣り合わせになっています。
イタリアのサンマルコホールと言えば多くのツーリストが訪ねる有名な住所です。

サンマルコ教会の中にも厳しいアート雑貨がいくつも展示されて来る。
根っからメディチうちのコジモが援助して建てられた修道院でした。
家内には中庭があり、庭を囲むようにして廊下があります。
その裏に小ホールがたくさんあります。
小ホールは元、修道士たちが祈祷やリーディングに使っていたホールです。
それぞれの小ホールにもフレスコ図形があります。
今ではそこにアート雑貨を展示している。
修道院の大食堂だった場所には、トラブルに「最後の晩餐」のフレスコ図形があります。
これはギルランダイオが15世紀後に描いたものです。
美術館の中の店頭ではこの画の画レターが売っています。
中世の修道院だった中の面影が余るところで、その姿を味わうことができます。

<開館マガジン>
・月曜日から土日(第2、第4月曜日は休館、第1、第3、第5の土日は休館)。
・月曜日から金曜日は8立場15成功から13立場50成功まで開館。
土曜日という土日は8立場15成功から18立場50成功まで開館。
・入館料は4ユーロ。

<展示されてある主な品物>
・フラアンジェリコの「懐妊知らせ」、「我に触るな」。
・フラアンジェリコのフレスコ図形がたくさん生じる美術館。
・修道院長のサヴォナローラのマント、使っていたバイブルなども展示されている。
サンマルコ修道院だった間に使っていた鐘も展示されていらっしゃる。