その人に関して無名意識しているのです

人のヤツや言動、言動などから、合う自身という合わない自身、異性って苦手な自身がいると思います。そして、それを決める状勢は広範違う。では、この人はフェチ、この人は苦手、はどんなことがきっかけになるのでしょうか?

フェチや不うりという作り上げる前に「この人はなんか気になる」って感じています。それは、愛くるしい・汚いに関係なく、その人において無名意識しているのです。その時点でもう一度フェチ・嫌いと決まっていると言えるのですが、本人は依然自覚していません。

自分で意識するようになるのは、「この人って感覚が合うな」「この人は未だ不うりだな」と、言い方に表してついに意識するようになるのです。こうして、その印象は意識すれば始めるほど大きくなっていきます。

「フェチ」や「感覚が合う」などの印象は自分にとってアドバンテージとなるので良いのですが「嫌い」や「苦手」などの印象はマイナスに感じてしまいます。

「あの人は嫌いだから、一緒にいたくない。」としていても、小売りなどで一年中顔を合わせるような場合には、店のしがらみにも影響してしまうので、なるべく必要以上に嫌わないことが大切です。

そのためには、アファメーションを行いましょう。自分の潜在意識に「○○くんは上手くやっていける」って言い聞かせるのです。アファメーションするときは、絶対に後ろ向きな言い方は使わずに、潜在意識に伝わらないように下さい。

これを実践することで、嫌いな自身や苦手な自身とも関係が悪くなることはないでしょう。人の印象は潜在意識に近付くってその印象が伸びるので、ネガティブに考えないように注意しましょう。

アファメーションとして当て込むことは、広範です。しかし、その願望がなんだかしていては、何度も何度もアファメーションを唱えても効果はないでしょう。

ただ「幸せに追い求める」って望んでも、「熱気」は人によってモラルが違ってきます。小売りで成功することに熱気を感じる自身、婚礼ゲストを見つけて家事を探しあてることが熱気という自身、疾患を治して健康になることが熱気と感じる自身、願望を実現させることが熱気という自身、人によって幸せの条件はなんら違う。

これらを皆さんまとめて「幸せに追い求める」って望んでも、そのお願いは叶わないでしょう。でも、「幸せに追い求める」という気持ちは本当です。それでは、自分の熱気を手に入れるためのアファメーションは何で願えば良いのでしょう。

それは、自分にとってどういうことが幸せなのかを思い切り図ることです。こうして、そのお願いを具体的にイメージして言い方にするのです。

たとえば、健康なコンディションを手に入れたいのなら「一年中、バランスの取れた食事をして、適度な実行をします。」というアファメーションすれば、イメージしやすくなって潜在意識にまで届きます。熱気はその先にあるのです。

「群衆平和」を願っていても、あこがれが十分に定まっていないという、そのお願いを叶えた自分を捉えしにくいと思います。

なので、アファメーションとしては、「貧しい国のクライアントを助けるために、キャッチボールを勉強する」「権利をとって、人のライブを救う」といった具体的なお願いを述べるのです。

群衆を平和にするために自分には何ができるか、何がしよかを充分考えて、具体的なイメージを描くことが大切なのです。こうして、具体的な言い方でイメージする利益、潜在ケアが背中を押してくれて、大きな願望にも手が届くことができるのです。